■事務所案内図 ■お問合せ サイトマップ トップページ
社会保険加入促進への取り組みについて



■■■■■■■■■■ ■■■■■■■■■■
年間重点事項
当社は、「人命尊重」を最優先とし、安全衛生活動を積極的に展開し、
安全で快適な職場環境の形成を目指す。
重点施策
1.ナカノフドーSМSの徹底
工事着手前リスクアセスメントの徹底
  1)必要工種の施工実施検討会の完全実施
  2)工種毎 作業手順・リスクアセスメントと、その周知会(作業員全員)の指導徹底
『グループごとの現地KY』の徹底と『ひとりKY』(ワンポイント指差呼称)の実践
  1)「現地」で「現物」を見ながら「現実」を捉えたリスクアセスメント実施の指導
  2)グループKYで定めた「ワンポイント行動目標」を各自が作業前に指差し呼称実施の指導
協力会社の適切な施工体制の確保
  1)職長・安全衛生責任者による作業状況巡視の強化
  2)重層下請改善に向けた指導と、ひとり親方の適切な管理体制確保
    (グリーンサイト継続とキャリアアップシステム導入・情報収集)

『職長会の活性化』 『安全の見える化』 『ひと声かけ』活動の継続

2.墜落・転落災害の絶滅と転倒災害の削減
作業床端部・開口部には、必ず手摺・安全ネット等の落下防止設備設置の指導
高所作業時のフルハーネス型安全帯使用の徹底(墜落制止用器具の新基準への対応)
「滑る」「つまづく」「踏み外す」に対する防止対策(見える化)の指導

3.公衆災害の絶滅
足場・仮囲い等の強風対策の徹底と、適切な飛来落下防止設備(ネット・朝顔等)設置の指導
異常気象時(台風)の対策(当社の台風対策判断基準に基づく)の作業所への周知と指導
公共インフラ設備、隣接家屋に対する影響防止対策の徹底

4.安全衛生教育の継続
技術社員・事業主・職長への計画的な教育による安全衛生管理水準の向上
ひとり親方に対する上位事業主の安全衛生教育の徹底
若年所長への効果的な指導の実施

5.心身の健康保持増進及び快適な職場環境形成への取組み強化
計画的な所定休日の取得と、長時間労働の改善指導と無記名ストレスチェックによる職場環境の改善指導
健康KY継続実施と作業員健康管理(高齢作業員の血圧測定等)と作業所AED設置の推奨実施

6.熱中症災害の削減
作業所での早期熱中症対策(設備関係)実施指導と空調服着用の推奨

安全スローガン :
『慣れた作業にリスクあり 
実行しよう ひとりKY 今日のワンポイント 指差し確認』


環境スローガン :
『捨てない意識と分ける努力 
その積み重ねが未来を築く 現場(ここ)から始めるリサイクル 』


月間重点事項
全社安全衛生計画  【ガイドライン】 P14~16参照

基本的に、すべての作業でダブルランヤード式墜落制止用器具(フルハーネス型含む。)を着用することを徹底させる。(高さ5mを超える箇所ではフルハーネス型を使用する。)

以下の作業は、作業主任者の直接指揮により作業させる。また作業主任者に墜落制止用器具・保護帽等の使用状況を監視させる。
つり足場、張り出し足場、高さが5m以上の構造の足場の組立・解体の作業
建築物または塔で高さが5m以上の鉄骨の組立・解体等の作業
橋梁の上部構造で高さが5m以上、または橋梁の支間が30m以上の鋼製のものの架設・解体・変更の作業
橋梁の上部構造で高さが5m以上、または橋梁の支間が30m以上のコンクリート造のものの架設・変更の作業
軒の高さが5m以上の木造建築物の構造部材の組立、屋根下地、若しくは外壁下地の取付作業

移動式足場(ローリングタワー)は昇降設備・安全ブロック等を設け、昇降時及び作業時は安全帯を使用させる。
また脚輪のストッパーを掛けて使用させる。移動時には、作業員を乗せたまま移動しない。
ローリングタワー上で作業を行う場合は、フルハーネス型安全帯を使用する。

墜落の恐れがある次の作業では、安全な作業床を設ける。作業床を設けることが出来ないときは、安全ネットを設置するか、親綱を設ける等により墜落制止用器具を確実に使用させる。
鉄骨の組立作業及びボルト本締め作業(フルハーネス型安全帯を使用)
足場の組立、または解体の作業(手摺先行足場を採用し、フルハーネス型安全帯を使用する。)
スラブ型枠等(デッキ敷き含む。)の作業(コンクリート打設前のELVシャフト、階段打継ぎ部の開口は、単管等の手摺2段と巾木を設置する。)
屋根上における作業
法面における作業

高さ、または根切り深さが1.5mをこえる箇所への昇降設備の設置は、最低1箇所以上のステップ、または枠組階段等の踏面のある昇降設備を設ける。

足場組払い時の親綱を固定する間隔は、足場4段目以上で5スパン以下(10m以下)、足場3段目で3スパン以下に固定し、安全帯を確実に使用させる。また足場2段目は墜落制止用器具を鳥居枠の上部に掛け作業させる。

作業床の端・開口部等には、囲い・手摺・覆い等の防護施設(親綱ではなく堅固な手摺とする)を設けるとともに、標識等により注意を喚起する。
また、これらの設備を必要により一時取り外した場合は、防網を張り墜落制止用器具を使用させ、作業終了後、直ちに復旧する。

躯体手すりが無いベランダ・廊下の端部等にも、⑦同様、防護施設を設ける。

スレート等の屋根からの踏み抜きによる墜落を防止するため、通路を設け、安全ネットを張る等の他、親綱を設けて墜落制止用器具を使用させる。(安衛則524条)

はしご・脚立は丈夫な構造のもので、著しく損傷・腐食等がないものを使用させる他、始業前の点検を行うものとする。また、以下の事項に留意する。
はしごは、高い所に登り降りする用途以外は使用禁止
はしごは、幅30cm以上とし、滑り止め装置の取付け、転移防止の措置(上部の固定または下部の押さえ)をして安全を確保する。また、はしごは水平との角度により強度が変わるので注意する。
脚立は、脚と水平面との角度を75度に保つ為の金具等を備え、踏み面の巾が5cm以上のものを使用させる。
脚立の使用は原則的に許可制とし、1.8mを超えるものを持ち込ませない。
脚立を使用する場合は、天端に乗っての作業はしない。
手摺付きの可搬式作業台を活用する。

階高の高い型枠解体作業の解体用足場計画は、事前に十分検討する。また脚立足場上では、作業動作の反動よる転落のないよう、作業計画を打ち合わせておくこと。

墜落の恐れがある作業で、悪天候に影響される作業は、強風(風速が毎秒10m以上)、大雨(1回の降雨量が50mm以上)、大雪(1回の降雪量が25cm以上)、中震(震度4)以上のときには中止する。
尚、再開時には安全点検を実施する。


高所作業については、墜落・転落災害を防止するため、作業手順を事前に検討して作業員に周知し、その順守を徹底させるよう特段の配慮を要する。

掘削外周部や基礎足場等に垂直はしご(モンキータラップ)を設置する場合、出入口に対し直角方向に 設置し、昇降口には可動式の手すり(遮断機)を設けて安全ブロックを床から1.5m以上の位置に設置する。

作業員の心臓疾患、その他持病の有無の確認を送出し教育で行い、健康上不適切な作業員を高所作業等危険な作業に配置させないようにする。

作業員の定期健康診断、及び特殊健康診断の受診の確認を行う。また協力会社提出書類の作業員名簿の健康診断受診の期間が過ぎないよう指導する。

全国労働衛生週間準備月間は、実施事項の計画をたて実施する。

無記名ストレスチェックの実施状況及び改善措置の確認を行う。






このWEBサイトではアクセスする項目により上の図がポップアップ表示
されます。ユーザーID、パスワードのコードを入力して入室してください。
また「パスワードを記憶する(R)」のボックスをクリックし、チェックして
おくと、以後はコードの入力は不要となります
なお、コードを忘れた方は友愛会本部までお問合せください。


「戻る」ボタンの使い方
 
「戻る」ボタンは各ページの右上に設置しています。
「戻る」ボタンをクリックするごとに直前に閲覧していたページに遡ります。
「戻る」ボタンはホームページの中で迷子になったときに使うと便利です。


友愛会60年のあゆみ
優良職長制度
協力会社安全衛生管理基準
社内ルール・お知らせシート


友愛会本部TOP
規約
総会・役員会
役 員
年間事業計画
行事案内(活動計画)

各部会の活動
■災害防止部会

■教育研修部会

■厚生広報部会

■BCP特別部会

NakanoFudo Sub-Constructors Association
15, Gobancho 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0076, Japan