■事務所案内図 ■お問合せ ■友愛会姉妹サイト(ID不要) サイトマップ トップページ


2020 年10 月21 日
ナカノフドー友愛会本部事務局
元請社員を騙った
ウイルスメールが送付されています

元請社員名を騙ったウイルス付メールが、不特定多数の協力会社の方々に送られています。送付されているメールタイトル(件名)は、「特別合同パトロールのお知らせ」「合同パトロールのお知らせ」等です。 
これらのメールは、(株)ナカノフドー建設とは一切関係ありません。

身に覚えのないメールタイトルや 送信者から届いた
メールは削除して下さい。

対応の詳細はこちらをご覧ください≫≫≫


2020 年7 月31 日
株式会社ナカノフドー建設
■8月以降の「新型コロナウイルス感染予防対策」
作業所実施事項の継続
について≫≫≫

新型コロナウイルスの感染拡大終息まで、今暫く時間が掛かる状況であり、当面は、With CORONA を念頭に置き、事業活動を継続して行く必要があります。
当社は引続き、働く仲間の安全を第一に考え、気を緩める事なく、感染予防対策を徹底して参りますが、働く仲間一人一人の分別ある行動こそが、最大の防御策です。
自分の命、家族の命、同僚社員の命を守るために、自覚ある行動をお願いします。
社会保険加入促進への取り組みについて





■■■■■■■■■■ ■■■■■■■■■■
年間重点事項
当社は、「人命尊重」を最優先とし、安全衛生活動を積極的に展開し、
安全で快適な職場環境の形成を目指す。
重点施策
1.ナカノフドーSМSの徹底
工事着手前リスクアセスメントの徹底
  1)必要工種の施工実施検討会の完全実施
  2)工種毎 作業手順・リスクアセスメントと、その周知会(作業員全員)の指導徹底
『グループごとの現地KY』の徹底と『ひとりKY』(ワンポイント指差呼称)の完全実践
  1)「現地」で「現物」を見ながら「現実」を捉えたリスクアセスメント実施の指導
  2)グループKYで定めた「ワンポイント行動目標」を各自が作業前に指差し呼称実施の指導
重層下請改善に向けた指導と、協力会社の適切な施工体制の確保
  1)職長・安全衛生責任者による作業状況巡視の強化
  2)新規入場7日以内、ひとり親方含む3次業者、若年齢者、高年齢者へのフォロー実施の指導    
『職長会の活性化』 『安全の見える化』 『ひと声かけ』活動の定着指導

2.墜落・転落災害の絶滅と転倒災害の削減
作業床端部・開口部への手摺・安全ネット等の落下防止設備の設置と点検の強化の指導
高所作業時のフルハーネス型安全帯使用の徹底(墜落制止用器具の新基準への対応)
「滑る」「つまづく」「踏み外す」に対する防止対策の指導

3.公衆災害の絶滅
足場・仮囲い等の強風対策の徹底と、適切な飛来落下防止設備(ネット・朝顔等)設置の指導
異常気象時(台風)の対策(当社の台風対策判断基準に基づく)の作業所への周知と指導
公共インフラ設備、隣接家屋や公共物等に対する影響防止対策の徹底

4.安全衛生教育の継続
技術社員・事業主・職長への計画的な教育による安全衛生管理水準の向上
ひとり親方と3次業者、及び外国人就労者に対する事業主の安全衛生教育の徹底
若年所長への効果的な指導の実施

5.心身の健康保持増進及び快適な職場環境形成への取組み強化
計画的な所定休日の取得と、長時間労働の改善指導と無記名ストレスチェックによる職場環境の改善指導
健康KY継続実施と作業員健康管理(高齢作業員の血圧測定等)と作業所AED設置の推奨実施

6.熱中症災害の削減
作業所での早期熱中症対策(設備関係)実施指導と空調服着用の推奨

安全スローガン :
『ひとり一人がその場で唱え 危険軽視の災害防ぐ 
定着させよう ひとりKY』


環境スローガン :
『環境作りも我らの使命 抑制・分別・リサイクル 
みんなで取り組むエコ活動 』


月間重点事項
全社安全衛生計画  【ガイドライン】 P15~16参照

足場・型枠支保工等の仮設構造物の組立にあたっては、特に水平方向の安全性を十分に考慮して、荷重及び外力を計算し、これに耐えられる強度を確保する。

仮設構造物を組立てるときは、作業中の墜落、部材の落下、構造物の倒壊等を防止するため、作業手順を明確に定め、手順に基づくリスクアセスメントを実施し、特定したリスク低減措置は、確実に実施する。

型枠支保工を組立てる時は、規格に基づき計画図を作成し、前項と同様に作業手順・リスクアセスメントを実施する。特定したリスク低減措置は、確実に実施する。
また、支保工のパイプサポート足元の滑動防止は、サポートメイトを使用してはならない。
根がらみパイプ、敷板に釘打ち等で確実に行う。

以下の作業等については、作業主任者の直接指揮により作業させる。
また作業主任者に、墜落制止用器具・保護帽等の使用状況を監視させる。
型枠支保工の組立作業
建築物または塔で高さが5m以上の鉄骨の組立または解体等の作業
橋梁の上部構造で高さが5m以上、または橋梁の支間が30m以上の鋼製のものの 架設、解体または変更の作業
橋梁の上部構造で高さが5m以上、または橋梁の支間が30m以上のコンクリート造のものの架設、または変更の作業

仮設に使用する材料は事前に点検して、著しい損傷、変形、または腐食のあるものは、使用しない。

杭打ち機、クローラークレーン等の組立・解体・変更、または移動は、作業指揮者を選任し、その者の直接指揮により作業させる。
※ クローラー組立時の点検表を活用する。

以下の作業等については、関係者以外の立入禁止措置を行い、強風・大雨・大雪等の悪天候時には、作業を中止する。(安全法令ダイジェスト241、243、244参照)
建築物または塔の骨組みの組立・解体・変更の作業
型枠支保工の組立・解体・変更の作業
足場の組立・解体・変更の作業
金属製、またはコンクリート造の橋梁の上部構造の架設・解体・変更の作業

足場には、壁つなぎ・控え・筋かい・水平つなぎ、また型枠支保工には、筋かい・水平つなぎを設置して倒壊防止の措置を講じる。
足場の壁つなぎとして、単管パイプ+クランプを使用する場合は、引抜き荷重を考慮し、クランプの数を増やす。(すてクランプを取り付ける。)
鉄骨H形鋼から壁つなぎをとる場合は、H鋼フランジ両側をクランプで固定する。
ブラケット付一側足場、単管抱き足場の場合、固定ベース金具より300~500mmの高さに壁つなぎを設ける。

型枠支保工については、コンクリートの打設方法、及び型枠強度の各部の検討を行い、必要な措置を講じる。

コンクリート擁壁等構造物に近接する箇所で掘削作業を行うときは、構造物の倒壊を防止するための土止め支保工で補強する等、倒壊防止の措置を講じる。

コンクリート造等の解体作業は、構造物の状況等の調査に基づき、作業手順・切断方法・控えの設置方法等の具体的な危険防止措置を盛り込んだ作業計画を定めて実施する。
SRC造の場合は、鉄骨継手位置を調査し、解体時のボルト飛散等にも注意する。
※ 作業所関連書類 施工計画事前検討会チェックリスト参照

⑫全国労働衛生週間期間中の行事を、計画し実施する。
経営トップ、拠点長による安全衛生パトロールの実施
安全衛生大会の開催
健康診断受診状況確認
安全衛生教育の実施等


新型コロナウイルス感染防止対策に加え、密集の回避を図る等、知恵を出し合い、仲間の安全を確保しよう!!






このWEBサイトではアクセスする項目により上の図がポップアップ表示
されます。ユーザーID、パスワードのコードを入力して入室してください。
また「パスワードを記憶する(R)」のボックスをクリックし、チェックして
おくと、以後はコードの入力は不要となります
なお、コードを忘れた方は友愛会本部までお問合せください。


「戻る」ボタンの使い方
 
「戻る」ボタンは各ページの右上に設置しています。
「戻る」ボタンをクリックするごとに直前に閲覧していたページに遡ります。
「戻る」ボタンはホームページの中で迷子になったときに使うと便利です。


友愛会60年のあゆみ
優良職長制度
協力会社安全衛生管理基準
社内ルール・お知らせシート


友愛会本部TOP
規約
総会・役員会
役 員
年間事業計画
行事案内(活動計画)

NakanoFudo Sub-Constructors Association
15, Gobancho 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0076, Japan